ビデオ解像度の向上と品質の向上は、画面の解像度を変更することで得られる多くの利点のうちの XNUMX つにすぎません。 ビデオ解像度コンバーターを使用すると、SD ビデオを大きな画面で最高の品質で楽しむことができる可能性が高くなります。 ビデオ解像度の調整は複雑なプロセスではありませんが、Eassiy Video Converter Ultimate を使用して通常のビデオを HD に変換する方法を説明します。 さあ行こう。

ビデオを HD、4K、最大 8K Ultra HD に変換する方法

ビデオの解像度を変更するのは比較的簡単です。 以下の簡単な手順に従って開始してください。

ステップ1 ビデオファイルを追加

まず、Eassiy Video Converter Ultimate を起動して始めます。 変換するビデオ ファイルを追加します。 これを行うには、「+」をオンにするか、ここにビデオをドラッグしてアップロードするまで待ちます。

簡単スクリーンレコーダー究極を開く
ステップ2 ビデオ出力の選択

ここで、変換するビデオ品質を選択するには、形式アイコンをクリックするか、「すべてを変換」の横にあるドロップダウン メニューをクリックします。 そして、好みの HD ビデオ形式を選択します。

HDビデオ形式を選択します

次に、HD または 4K ビデオ オプションを選択します。 [設定] アイコンをクリックして出力形式をカスタマイズすることもできます。

ステップ3 変換を開始する

解像度を上げると画面上の占有スペースが増えるという警告が表示されます。 続行するには、「OK」をクリックしてください。 変換プロセスを開始するには、「すべて変換」をクリックします。 変換が完了するまでお待ちください。

HDビデオの変換を開始する
ステップ4 HD ファイルを表示する

最後に、選択したとおりにファイルが HD、4K、または 8K Ultra HD (この場合は 4K) に正常に変換されると、[変換済み] タブでファイルを表示できます。 変換されたファイルは、デバイス上の指定したフォルダーに保存されます。

変換されたすべてのビデオを確認する

この記事では、ビデオを 8K 品質に変換することで解像度を向上させました。 その一方で、解像度を上げるとビデオ ファイルのサイズが大きくなり、デバイス上のメモリが大量に消費されることになります。 Eassiy Video Converter Ultimate を利用する利点は、ニーズに応じて選択できる幅広い選択肢が提供されることです。