同期していない映画では、それをサポートする音声がないときに、撮影されたキャラクターが口を動かしたままになります。 したがって、「リップフラップ」という言葉、結果として生じるオーディオビデオ同期エラーは、視聴者にとって煩わしい可能性があり、視聴者側の番組の有効性を低下させる可能性もあります。

以下では、Eassiy Video Converter Ultimate ソフトウェアでオーディオを同期する方法を説明します。 手続きを始めましょう。

オーディオソースとビデオソースを同期する方法

Eassiy Video Conveter Ultimate を使用すると、ビデオの音量を簡単に調整できます。 以下の簡単な手順を確認してください。

ステップ1 オーディオ同期を見つける

Eassiy Video Converter Ultimate をダウンロードしてインストールし、ソフトウェアのホームページに移動して、[ツールボックス] を選択し、[Audio Sync] を見つけてクリックします。

オーディオ同期ツールを開く
ステップ2 オーディオを同期するファイルを追加

表示される空白のページでプラス (+) 記号をクリックしてお気に入りのビデオを追加し、同期やその他の設定に進みます。

ステップ3 同期を終了します。

まず、オーディオ トラック オプションで、AAC-2Channel またはオーディオ トラックの無効化 (ミュート) を選択でき、その下に遅延オプションがあります。 ビデオの音声を遅くしたり速くしたり、必要に応じて音量を調整します。 次に、その下の設定をクリックして、形式、解像度、フレーム レート、品質、エンコーダー、サンプル レートなどを編集できます。最後に [OK] をクリックして設定を完了します。

オーディオの同期
ステップ4 エクスポートして保存

最後に、「エクスポート」をクリックして、ファイルを PC のデフォルトの場所に保存します。